tomono

陸別町小利別にてcafe&うつわのお店を♪ 器を使って少しだけでも 気持ちにゆとりを・・と祈って。 子育てとともに おうちごはんやおうちデザートetc cafeや雑貨屋さんめぐりの情報も紹介しています★お問い合わせ(080-5581-1155・メールtomonoutuwa.0115@ezweb.ne.jp)

*おうちごはん*  

新潟の親戚の魚屋さんから
美味しい魚が届きましたよ~

さんまがいっぱい届いたので。。。
b1q1.jpg
甘露煮
圧力鍋で一気に仕上げました
久しぶりに作った甘露煮でしたが
ごはんのおかずにぴったり♬



陸別~みどりの園のしいたけをいただいたので。。。
n800.jpg
厚切りにして
バター醤油炒め
しいたけを炒めていると
最初、緊張しているしいたけが
まったりしてくる瞬間があります
そこから、一気にくつろぎモード全開!!
それが、しいたけ炒めの出来上がりサイン^0^

私は、レシピをあんまり見ないでお料理作ります
もちろん最後に味を調えるために
味見は、しますが
調理中は、素材の状態と香りが一番大事★

揚げ物は、素材を油から持ち上げて
箸に、素材が、ブツブツ言っているのが伝わったら
火が通っている、、とか。

茹で野菜は、野菜の香りがしてきたら
ゆであがっている、、とか。

量的には、あんまり食べないのですが
とにかく食べることが好き💛
好きだからおいしいもの食べたくて
作るという行為も
必然的にいろいろ考えながらやっちゃう。

そしたら
作るという行為の楽しさを知る。

なんでも、楽しんでやったほうが
勝ちです(*^▽^*)




先日、takaちゃんとお話し中
生姜焼きをひねってニンニクめんつゆうまいよ~って教えてもらいました
さっそく。。。
n1q1.jpg
うまい!!!
takaちゃんナイス~(≧▽≦)
元気も出るし、とってもいいおかず!!

主婦の知恵は、無限ですね~~~



  ***********


人って・・・
器用不器用ありますよね^^

私は、小学校の時
自分の不器用さに気づきました
何をやっても
秀でるものは、なく
どこか、変。
だし、下手。


それ以来、自分は、不器用!!って
思ってずっと生きてきています


学生中、出会った『中川一政』という画家。
*緒方拳の書画の師匠と言われている方
神奈川にある記念館には、何回も通いましたし
地方でやる展覧会にも必ず行きました

油絵は、ゴッホを思い出させるような。。今まさに仕上げたばかり~というようないきいきとした絵。
そんな一政は、書も残しています

いろいろな言葉を書で一政は、表現していますが
この二つが一番好き^^

「下手は、上手の手本なり」

「正念場」

これが、書家のきれいな字で書かれているなら
私も目をとめなかったと思うんですが
個性的な・・必ずしも、上手とは言えない字で1本1本の線を大事に書かれている。

この書を見たとき
ハッと気づかされました


不器用でもいいんだ!って^^


私は、小学生の時、自分の不器用さに気づき
いろんな努力を試みました
いろんなことにチャレンジしたし
夢中になれるものも、アンテナを張って探しました


その時その時で一生懸命やるものの・・・これだ!!!っていうものになかなか出会えない


そんな時、ひょんなことから高校に入り、書道と出会ったのでした

でも、やっぱり不器用さが、群を抜きます
同級生が、メキメキ上達するのに
私は、停滞"(-""-)"

悔しくて、いっぱい泣いたし
練習量も増やしました

一時期、先生の言うことも聞けないくらい書を通して人間不信になり
一人黙々と紙・法帖・筆に向かい
書き続けたこともありました

でも、不思議とやめようって1回も思わなかったです
むしろ、もっとやったら、何とかなるかも!!の気持ちが強かった気がします

ひたすら
基本となる法帖の臨書を書き続けた2年近く。。。

ある時、先生が、私に『木簡』の法帖を見せてくれました

本来、書道と習字は、全く別なものとして位置づけされるのですが
自分の中で、書道!!!ってこれ~~!!って
ハッキリと認識せざるを得ない法帖でした


私が、見た『木簡』は、昔の人のメモが、木と墨で書かれていたことによって
消滅せずに残り、偶然、発見されたものでした

メモなので、ぐちゃぐちゃに塗りつぶされているところもあるし
誤字もある。
一見、落書き??

それをそのまま紙面に表現する!!

トキメキましたね✨


見た目、普通の高校生だった私の破天荒な内面を見抜いた先生の勝利★

1年以上も基本とする法帖を書き続け、悔しくてもやめなかった私も勝利★

先生は、私がトキメク法帖を次々と私に与え、
私は、勢いに乗って書く!
とにかく書くのが、楽しい🎶
当時、先生に
「ハセベ(旧姓)は、水を得た魚だな!」とよく言われました


出品する作品は、ほぼ入賞✨
書の甲子園にも、新潟代表として参加。

そして、書道の大学進学へとつながります


大学へも簡単に入れたわけじゃなくて、
睡眠2・3時間で、起きてるときは
勉強か筆を持ち続け。。。

でも、なんでそこまで頑張れたか?
書道を続けたいっていう気持ちは、もちろんでしたが
小さいころからの自分の不器用さの認識が、とっても重要だった気がします

なんでも、そつなくこなせてたら
きっと、これくらいで何とかなる!って思っていたかもしれません

でも、なんとかならない!!って知ってたので。。。
がむしゃらにやるしかなかった


そうして、続けてきた書。
書から陶へ広がり、カフェへとつながります


いまだに書は、私の一部であり
表現のひとつ。



不器用だから、人並みになるには、他の人の倍時間がかかるし、努力もしなきゃいけない
でも
見方を変えれば、
他の人の倍の時間楽しめる🎶

不器用さは、私の武器だなって
思います



短所は、見方を変えれば、長所(*^▽^*)

スポンサーサイト

Posted on 08:45 [edit]

category: おうちごはん

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tomonoutuwa0115.blog.fc2.com/tb.php/760-e40770c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FCカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード