tomono

陸別町小利別にてcafe&うつわのお店を♪ 器を使って少しだけでも 気持ちにゆとりを・・と祈って。 子育てとともに おうちごはんやおうちデザートetc cafeや雑貨屋さんめぐりの情報も紹介しています★お問い合わせ(080-5581-1155・メールtomonoutuwa.0115@ezweb.ne.jp)

*岡書*  

待ち合わせまでの時間。。。

こういう時間をいかに有意義に過ごせるか・・・とても自分の中で大事で
待っている自分を有効活用すれば
相手に負担にならないようにする方法の一つにもなるから。

こういう時間こそ楽しめたら
待ち時間も苦にならないし
楽しい時間をもらえたと思える🎶


これは、
自分が自分を嫌にならない方法の一つ。



そういう風にして
いろんな発想を転換していけば
いつも自分が楽しめるようにもっていけるし
一緒に居る人とも
楽しんでいける




気持は、つたわっていく。



だから
いつも楽しいこと考えて
前を向いて
自分に自信をもっていきたいっておもっています




さて。。。どこで時間を過ごそうかな~♬


初めて
「岡書」しよう~♬

ドトールが入っているんですね☆

そんなにお腹もすいていないし
とりあえず飲み物🍵

ん??

やっぱりこれを試食してみたい!!

チョコベリー(≧▽≦)


01552a8e225f8f1f2354f538eaa8f620f1b130baca.jpg



本当にいつも食に関しては
いろいろ探求心が働きます


組み合わせや
食感、盛り付けや、色合いなど。。。
とにかく
なんでも
ん???って思ったら見てみたいし
食べてみたい


かといってメモとるわけでもない


大事なことは
きちんと覚えてるから

頭で浄化して整理して
自分の引き出しになっています


大事なことだけ
勝手にとどまる感じ。



それでいいんだって思います





アバウトのようだけど
自分の気持や脳を信じているから
そうします♬





   *****



岡書は、3冊までドトールに持ち込み可能でした^^

とりあえず
読みたい本をさがしてみよう~♬


え?ナニコレ?

015c4e31e0b826ad6dc9e098f1ecbc167a6e40545b.jpg



岡本太郎がすごい芸術家というのは
作品というより
私が大学時代に論文を書くための資料を集めているうちに
いろんな論評を太郎がしてて
そういう考え方にすごくひかれて
カッコいい!!と思っていました

それで
お母さんのかのこの人生は、
気になって調べたのですが

敏子の存在は、ちょっと知っていたのに
詳しく知ろうとしていませんでした


当時は、芸術家のパートナーである女の芸術家 与謝野晶子やクローデルとかばかり興味がありました




なになに???
と思って


手に取って
いざ!!ドトールへ♪





一気に読み終わりました(*^▽^*)

太郎は、だれとも結婚をしないで
敏子は、養女という形で
太郎と共にいました。

その理由や考え方が
言葉に詰めて書いてある本でした

こういう
敏子と太郎のような考え方って
あまりに深すぎて
宇宙の発想のように思っていました




でも
そうじゃなくて

信じたくないから信じない

簡単に
わからないって言ってしまう

本当に知りたくなったら
傷ついてもいいから


ちゃんと向き合おうって思う




好きになる大きさの違いだけのように思います


簡単に離れられるなら
理由は、五万とある


相手に
すがって生きるなら
辛いだけだけど

自分できちんと立って
相手と向き合えたら
それだけで
気持はつながるし
相手の気持ちは、読める


それは、どちらかの気持ちがなくなったときも同じで気付く


それを自分が好きだからという理由で
すがるのではなくて

きちんと離れて自分の道を歩く



きちんと自分で立っていないとできないことで
そういう人は、素敵だなって思う♪


それができるかどうかは
好きの大きさをより深く知らないとできないことで
それだけの相手と出会わなければわからないこと


自分と相手を信じないと向き合えない


まずは、
自分を自分で信じれる人になれれば
きっとみんなつらい恋愛は、しなくてもいいんじゃないかな。。。って思えました

そこまで相手を想う思いというのは、
形ではなく
その人と向き合った時に
すべてわかってしまう


以前話した羽生君は、
ライバルのことに焦点を当てるのではなくて
スケートと自分にだけ向き合っている
だから、常に上を目指せるし
向上したいと願う。
それくらいの強い想いは、その人と向き合うしかないし
そうすることで
解決、向上していける。



素敵な本を読めてとても充実した時間を過ごせました☆









スポンサーサイト

Posted on 11:13 [edit]

category: 帯広cafe

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tomonoutuwa0115.blog.fc2.com/tb.php/1541-4608dbe6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FCカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード