tomono

陸別町小利別にてcafe&うつわのお店を♪ 器を使って少しだけでも 気持ちにゆとりを・・と祈って。 子育てとともに おうちごはんやおうちデザートetc cafeや雑貨屋さんめぐりの情報も紹介しています★お問い合わせ(080-5581-1155・メールtomonoutuwa.0115@ezweb.ne.jp)

おうちごはん * 書  

かぼちゃグラタン作りました☆
01146f1cf0ec526c2b9cdfa563236ff6913ded9150.jpg
我が家のかぼちゃグラタン。。。
 かぼちゃをコンソメ&お砂糖で下味をつけて
軽く煮ます
 水分を捨てて、グラタン皿に移して生クリーム&チーズをかけて
オーブンでこんがりするまで焼きます
  出来上がり!!!

かぼちゃを切るのが大変なだけで
あとは、簡単♬

とにかく競争して子供たちが食べる我が家の簡単グラタンです^^



   *****


今朝、来週の書道教室で行う町の文化祭の色紙書きの
手本書きをしました
01dab7ca10d5645369d92b0e82722d35b35eb96432.jpg



01ed3e0dd924e8d0fb8713c7e285309d0420893fd1.jpg

1年生 「自」
2年生 「志」
3年生 「思」
4年生 「忍」
5年生 「動」
6年生 「導」
中学生 自由課題

毎年考えるのが、楽しいこの課題の文字(^^♪

少しずつの成長を考えて
自分でも手本書きは、楽しく書きます

子供たちが、何枚か同じ文字でいろいろな字形で書いた手本の中から好きな字形を選んで
書きます

どれを選ぶか
どういう風に書くか

その子次第で様々!!

楽しいし。おもしろい。


月曜日本番です^^




   *******



ミクが、

ねえ、ママ
大きな木って本知ってる??

ん? 知らないかな??
忘れてるだけかも???

あのね。。。

と言ってだいたいのあらすじを話してくれました

木と少年のお話。


少年は、小さな時から木を遊び心を通わせ
成長していきます
でも、成長とともに少年は、木から足が遠のきます

転機にしか訪れなくなくなります

そして
お金・家・船を欲しいと言って
木は、身を削って
それらを差し出します

そして、最後、切株になった木の所にきて
休みたい・・と。
腰をかけます

木は、幸せだった・・・と。

木の心は、どうだったのかナ?
読んでないので
詳しくは、わからないのですが
ミクの話では、途中、木は、不幸せだ!と言って嘆いたそうです
それまでは、幸せだって言ってたのに。


相手の少年の気持ちや行動より
木の気持ちが、ポイントで
どうやって与え・与えられ・・・ギブ&テイクをするか。
それは、必要なのか?

木が、少年から与えられたものは、なんだろう?

子育てや愛情と同じ。

心の奥にある気持ちが、あたたかくなる

木にとってそれは、その少年でしかなくて
その他の少年では、ダメだったことで
その唯一の人間が、少年。

心の奥にあるので
届くのは、ごく限られたひと

でも
それによって
すごいエネルギーとパワーが木にみなぎる
幸せだと感じる

少年が、戻ってきたから幸せなのではなくて
その時々に少年に与えたものと同じくらいの幸せを木は、その時々で感じていた

ミクには、そのことをきちんとわかって大人になっていってほしい
と伝えました

自分だけがしてあげている・・・ではなくて
必ず、自分にもその時々の幸せな気持ちがあって
それは、気持ちだから残らないし忘れやすい

だけど、してあげたことより
そのもらったあたたかい気持ちを、忘れずに大事にして
いこうね☘


















スポンサーサイト

Posted on 07:58 [edit]

category: おうちごはん

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tomonoutuwa0115.blog.fc2.com/tb.php/1097-2e967c43
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FCカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード